PR

アメリカのアパート探しに最適なウェブサイトガイド

アパート

アメリカのアパート探しに便利なウェブサイト

アメリカでのアパート探しは、以下のサイトが便利です。私は下記のどちらのサイトも使いました。渡米前に荷物をアパートに郵送したかったため、内見せずに物件を決めました。どちらのサイトもアメリカでは人気のサイトです。みんな使っているので良い物件はすぐ埋まります。なので、アパート探しは正直物量戦です。返信が来ないことも多いです。そんなアパート探しを少しでも楽にするサイトを紹介します。

1. Zillow

  • 特徴: 豊富なリスティングと詳細なフィルター機能を備え、価格、場所、間取り、ペットポリシーなどによる絞り込みが可能です。
  • 利点: 写真や3Dツアーで物件を事前にチェックでき、地域の平均賃料情報も提供しています。地図上に興味のあるエリアを囲むだけで絞り込めます。かなり使いやすいと思いました。

Zillowを介して、内見や申し込みも可能です。ここから申し込みましょう。Zillowを介して申し込みをすることで、一からメールの文章を考えて送るよりもかなり楽です。

2. Apartments.com

サイトの中身はZillowと同じなので詳細は省いちゃいます。

  • 特徴: 全米のアパートメント、コンドミニアム、タウンハウスが掲載されており、詳細な検索オプションと賃貸物件の広範なレビューが魅力です。
  • 利点: 物件の賃貸情報だけでなく、周辺の学校や交通機関の情報も得られます。(私は特に気にしませんでした。)

物件探しのコツ

  • 写真比較: 複数のサイトでだいたい物件は重複していることが多いですが、掲載されている写真が異なる場合が多いです。できるだけ異なるサイトの同じ物件の写真を見比べることは意外と良かったです。
  • 事前準備: 渡米前にアパートを決定したい場合、興味のある物件を片っ端から申請しましょう。
  • 迅速な行動: 人気の物件はすぐに埋まってしまうことがあります。気に入った物件を見つけたら、速やかに連絡を取り、興味の表明をすることが大切です。

アパート探しの注意点

アメリカでは、Facebookにも多くのアパート情報が掲載されています。大学生はシェアハウスが多いので、ルームメイトや部屋に空きが出る予定も掲載されています。しかし、あまりにも安すぎる、条件が良すぎる場合は詐欺も疑いましょう。私も詐欺に引っかかるところでした。そのためZillowのようなサイトを仲介して契約することが無難な手段でしょう。別記事にて具体的な詐欺例を紹介する予定です。また、不動産の中でも、しつこく返信を要求してくるところは注意です。例え詐欺ではなくとも調べてみると評判の悪い不動産であることがほとんどです。不動産の名前やマネージャーの名前を検索すると出てくるかもしれません。私は調べると出てきました(笑)。

まとめ

アメリカでのアパート探しは、これらのウェブサイトを活用することで効率的かつ効果的に行えます。それぞれのサイトが提供するユニークな機能や情報を利用して、あなたのニーズに最適な住まいを見つけましょう。できれば契約前には物件を直接確認し、詳細を十分に吟味することが重要です。

コメント